FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧めの本

最近本を大量に買い込んでいます。読みたい本がたくさんあるんです。
今日はその中から少し紹介します。

1.わかもとの知恵 筒井康隆著 金の星社
最近では核家族化が進み祖父母から生活の知恵を聞くということも少なくなってしまいました。
そんな中出たこの本は「あくびを止める知恵」「とけにくい氷をつくる知恵」
「コンタクトを拾う知恵」「好きな人に話しかける知恵」「ジャンケンの勝率をあげる知恵」
などなど、決して多くはないのだがその発想から学ぶことの多いものが載っています。
筆者自ら「子どもに役立つ知恵」と言っているように特に子どもに読んで欲しい本です。

2.チーズはどこへ消えた? スペンサー・ジョンソン著 扶桑社
3.バターはどこへ溶けた? ディーン・リップルウッド著 道出版
この二冊はセットで読む本です。
二つの全く違う主張でありながら、どちらも私たちの心にある主張です。
これの比較本なども出ているようです。結論から言うとこれは
「時代背景をもとに(特に日本人の)流行としての人生観を述べた」
に過ぎません。30年前では絶対に売れなかった本です。
つまりこれは「人間が人生観に対して最終結論を持っていない」証拠ともいえます。
今はこのような主張が支持されていますがこの先どうなるか分かりません。
この主張をきちんと理解した上でさらに上の、
「いつでもどこでも変わらない」人生観を模索して欲しいと思います。

まだお勧めの本はたくさんありますが、今日はこのへんで。
スポンサーサイト
プロフィール

ある京大生

Author:ある京大生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。